こんにちは。


sakura(サクラ)です。


最近私の中で一瞬、衝撃的なことがありまして、、、


私はいつも記事を更新すると色々なブラウザーで表示、動作確認をするのですが、スマホで確認すると中々アクセスせず画面が真っ白。


焦りました、、、(笑)


なんとなく、見当はついていましたが焦ってしまいました。


ですので、私のようにWordPressの画面が真っ白になって困っている人の為に今回記事を書こうと思います。


では、いきましょう。

 

WordPressの画面が真っ白になった原因

WordPressの画面が真っ白になった場合、「今までがんばって書いた記事が消えたのでは」とひどく心配してしまいますよね。


「どうしよう、、、」と思う前に、「私、がんばったのに、、、」と考えるのは私だけでしょうか。


そんな話は置いといて、WordPressの画面が真っ白になるということはプログラムに問題が起きているから表示ができないのです。


ですから、ほとんどの場合はそのプログラムの問題が解決すれば、またもとの状態にもどることがほとんどなのでご安心を。

 

ですので、まず心を落ち着かせましょう。


それが一番大事なので。


でなければ、慌ててWordPressを新規で再ダウンロードするかもしれません。


記事が一つもなければそれでも良いと思いますが、記事があったりサイトをいろいろとカスタマイズしていたら一からやり直しなんて悲しすぎるからです。


WordPressの画面が真っ白になった場合の多くの原因


新しくインストールしたプラグインの互換性(プラグイン同士が同じ関数を読み込もうとしてしまい失敗してしまう)


テーマのphpを修正した場合


があげられます。


上記のように新しくプラグインをインストールしたり、テーマを修正した覚えはないですか?


私の場合は、新しいプラグインを導入した直後だったので、プラグインが原因かと予想していました。

WordPressの画面が真っ白になった場合の対処法 ステップ①エラーメッセージを表示する

原因がどういったものかわかったところで、次にどのように対処すればよいか書いていきます。


まず、エラーメッセージを表示させます。


なぜ、不具合が起きているのかを解決する糸口になります。


エラーメッセージの表示の仕方はFTPクライアントソフトから行います


FTPクライアントソフトとは、Webページをサーバーにアップするソフトです。


無料のものや有料なもの、またWindows用のみ、WindowsとMacの両方対応のものがあったりします。


無料のFTPクライアントソフトの中で有名なものとして、FFFTP(Windows用)、Cyberduck(WindowsとMacの両方対応)、Filezilla(WindowsとMacの両方対応)などがあります。


今回は、国内でもっともユーザーの多いFFFTPで説明をしていきたいと思います。


私自身も、このFFFTPを使用しています。


手順1:WordPressインストール先のフォルダにある「wp-config.php」を探しクリックする。

 

 

手順2:「wp-config.php」の中から、エラーメッセージを表示切り替えコードを探す。


define( ’WP_DEBUG’ , false);←「false」とは、エラーメッセージを表示しないという意味なので、その部分を「true」の表示するに変更する。


つまり、


define( ’WP_DEBUG’ , false);→define( ’WP_DEBUG’ ,true );


に変更する。(無い場合は追加表記してください。)


これで、先ほど真っ白だった画面にエラーコードが表示されるようになります。

WordPressの画面が真っ白になった場合の対処法 ステップ②「Fatal error」を確認する

では、表示されたエラーメッセージを見ていきましょう。


ここに表示された「Fatal error」という部分を探しましょう。


私の場合は以下のようなエラーコードがでました。

 

 

「Fatal error」とは、訳すると致命的なエラーです。


致命的と言われれば何だか怖い気もしますが、大丈夫です。


そのエラーの部分を改善さえすればもとにもどりますから。


このエラー表示をよく見ますと、「wp-content/plugins/w3-totalcache」と書かれているのがわかると思います。


つまり、プラグインのw3-totalcacheによって不具合が起きていますと意味しています。


ですから、このプラグインを削除すればもとの画面にもどります。


実際、私もこの後問題となっているプラグインを削除するとすぐに元の画面にもどりました。


今回の場合は原因がプラグインでしたので、

「wp-content/plugins/問題となっているプラグインの名前」


でしたが、


テーマが原因の場合は

「wp-content/themes/問題となっているテーマの名前」


となって書かれています。


双方とも、問題となっている部分(プラグインやテーマ)のフォルダーを削除すれば解決します。


また、エラー表示で


Parse error: syntax error, unexpected …」


と出た場合は最近編集したテーマのPHPの構文がおかしくなっていますので、括弧や改行でおかしな点はないか確認します。


それでも改善しない場合は、フォルダーごと削除すると解決します。

WordPressの画面が真っ白になった場合の対処法をまとめると

WordPressの画像が真っ白になる原因は、


新しくインストールしたプラグインの互換性


テーマのphpを修正した場合


が多いということ。


そして、FTPクライアントソフトより「wp-config.php」を探し出す

↓↓↓


define( ’WP_DEBUG’ , false);→define( ’WP_DEBUG’ ,true );に変更する。(記載がなければ、追記する。)

 

↓↓↓


再びWordPressにアクセスし、エラーコードを確認する。


↓↓↓


Fatal error」以降の文章を確認する。


「wp-content/plugins/問題となっているプラグインの名前」→プラグインが問題


「wp-content/themes/問題となっているテーマの名前」→テーマが問題


それぞれ、問題となっているプラグインやテーマをフォルダーごと削除すれば画面は復活します。


もし、エラー表示が「Parse error: syntax error, unexpected …から始まる文章の場合→最近編集したPHPの構文をチエックし、括弧や改行がおかしくないか確認、修正を行う。

 

上記の手順で操作を行えばWord Pressの画面が真っ白になったとしても解決できます。


ですので、画面が真っ白になったとしても慌てず操作をしていきましょう。


新しくプラグインを導入する際は一気に導入するのではなく、一つ一ついれて不具合がないかを確認するという手も良いのかもしれませんね。


そうすれば、プラグインで不具合が起きた場合、どのプラグインか特定しやすいですから。


しかし、ほとんどの場合Word Pressの画面が真っ白になったとしても解決できますが、日頃
Word Pressをバックアップすることをおすすめします


バックアップの方法については、初心者でも簡単にバックアップがとれるようにプラグイン「BackWPup」を用いた解説をこちらの記事でしています。


参考>>初心者でも簡単にできるWordPressのバックアップの方法

 

まだ、バックアップを取っていないという方はご覧になって、あなたのブログを守りましょう。

 

今回の記事のことでもよいですし、分からないこと等あればお気軽にお問合せメールからご連絡ください。


すべてのメールに目を通し、なるべく24時間以内に返信させていただきます。

 

sakura

 

>>sakuraにお問合せする