記事をアップした後、一休みする前にして欲しいことがあります。

 

それは、


検索エンジンにインデックスされるようにお願いすること


です。

 

読者に優良で価値のある記事であれば、いつかはインデックスされる。

 

でも、できたら、早くインデックスされたいですよね。

 

今回は、検索エンジンに早くインデックスされる方法を書こうと思います。

そもそも検索エンジンにインデックスされるってどういう意味?

その前に、検索エンジンにインデックスされる仕組みについてさらっと触れておきます。

 

検索エンジン(GoogleやYahoo!)が、検索順位を決めているんだけれど、、、

 

どういう基準で検索順位を決めているのかと言えば、

 

Web上のリンクを使って、情報を集めます。(←クロールと言います。)

イメージとしては、クロールする巡回ロボット(クラーラ)がいて、どこに、どんな情報が書かれているのか見回っている。

そして、クローラが集めて持って帰ってきた情報を、検索エンジンが、まとめて記録していく。(←インデックスと言う。)

検索エンジンは、インデックスしたwebページの情報を使って、読者にとって最適な検索結果が提示されるようにしている。

 

イメージ画像を作ってみました。

↓↓↓↓↓

 

 

イメージできましたでしょうか?

 

インデックスされなければ、検索結果で表示されることはありません。

 

自分のサイトがインデックスされているか心配になりました?

 

では、調べる方法を書いておきます。

自分のサイトがインデックスされているか知る方法

Googleの検索窓にsite:あなたのサイトのドメインと入力する(ただし、https://の部分は不要)

 

→インデックスされていれば表示されます。

 

 

 

インデックスされていなければ、

 

Google Search Console(旧Googleウェブマスターツール)の登録が必要です。

 

もちろん、無料で登録できます。

 

必ず、登録しておくようにしましょう。

 

(登録の仕方は別記事に書きますね。)

 

今回は、あなたがGoogle Search Consoleに登録してあるという設定でお話していきます。

「Fetch as Google」で、Googleにインデックスのお願いをする

先ほど、検索エンジンにインデックスされる仕組みについて説明しましたよね。

 

クローラが、WEBサイトを見回り情報を持ち帰るという話でした。

 

Google Search Consoleの機能の一つ「Fetch as Google」を使えば、

 

「クローラさん、記事を更新したので、私のWebサイトに来てもらえませんか?」(←再クロールという。)

 

とアピールすることができるのです。

 

再クロールを申請したからといって、必ずインデックスされるとは限りません。

 

ですので、絶対的ではないです。

 

しかし、アピールすると早くインデックスされる可能性があるので、

 

アピールしないともったいないってわけです。

 

では、Google Search Consoleの機能の一つ「Fetch as Google」を使って再クロールを申請する方法を説明します。

「Fetch as Google」を使って再クロールを申請する方法

まず、①Google Search Consoleにログインします。

 

 

 

 

サイトを選択します。

 

 

 

 

③左端の「クロール」→「Fetch as Google」をクリックする。

 

 

 

 

再クロールしたいURLを検索窓に入力して「取得」をクリックする。

 

※サイトのURL以降を入力してください。(例:.com/以降を入力)

 

※TOPページを確認する場合は、検索窓を空白のまま「取得」をクリックする。

 

※「取得」「取得してレンダリング」の違いは、

 

「取得」→クローラにhtmlを読み込んで欲しい場合

 

「取得してレンダリング」→取得したデータが画面でどのように見えているかを確認する場合

 

 

 

 

 

「インデックス登録をリクエスト」をクリックする。

 

 

 

 

「私はロボットではありません」にクリック→「このURLのみをクロールする」にチエックをし、「送信」をクリックする。

 

 

 

 

⑦ステータスが「完了」になり、「インデックス登録をリクエスト済み」となっていれば、Googleがサイトに正常にアクセスし、すべてのリソースの取得が行われたという事。

 

※もし、正常に取得リクエストのステータスが正常に行われなかった場合は

 

>>Search Consoleヘルプを参照してください

 

「Fetch as Google」を使って再クロールできるのは、1 日あたり 10 件までです。

「記事作成したら検索エンジンにインデックスされるようにお願いしよう」のまとめ

今回は、「Fetch as Google」を使って検索エンジンにインデックスされるお願いについての方法を説明しました。


Googleにクロールしてもらうのを待つよりも、自分からどんどんアピールしていきましょう。

 

記事作成した時だけでなく、コンテンツを修正、追加した際も必ず利用するようにしてくださいね。

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

 

分からない点等ありましたら、下記のお問合せフォームよりご連絡ください。

 

頂いたメッセージには、全て目を通し24時間以内に返信させて頂きます。

 

 

>>sakuraへお問合せする