こんにちは、sakura(サクラ)です。

 

今回は、独自ドメインを取得し、前回の記事でおすすめしたレンタルサーバーであるエックスサーバーに契約。

>>アフィリエイト初心者におすすめレンタルサーバーとは?


そして、WordPressを立ち上げ構築していく手順を図解を用いて説明していこうと思います。

 

アフィリエイト初心者の方でもつまずく事がないよう、一つ一つ手順を説明していきます。

 

ですので、安心してついてきてください。

始めるその前にサーバー、ドメイン、Word Pressがいまいち理解していない人の為に説明をしたいと思います。

 

では、いきましょう。

ドメイン、サーバー、WordPressとは?

無料ブログではなく、独自ドメインを持ったブログを運営していくにはドメインを取得しサーバーに契約する必要があります。

 

これらは「建物」に例えるとイメージしやすです。

 

ドメイン→住所(サイトがある場所を示すもの)

 

サーバー→土地(サイトがある場所)

 

ブログ(Word Press)→建物(サイトを作り上げていくもの)

 

建物を立てるのに、土地も住所も必要ですよね。

 

それと同じようにブログ(Word Press)を立ち上げるには、ドメインとサーバーが必要ということです。

 

今回、ブログはWord Pressを使用していきます。

 

Word Pressは、難しい専門知識が無くても無料で簡単にブログを作成することができます。

 

いわば、ブログツールです。

 

本来であれば、ブログの記事を書こうと思ったらHTML(Webページの土台を作るための言語)やCSS(HTMLから読み込まれパーツや色、大きさ、余白を変えれる)で書く必要があります。

 

ですので、HTMLやCSSの知識が必要になってきます。

 

もちろん、HTMLやCSSの知識があったに越したことはないですが、一からHTMLやCSSの勉強をするにはかなりの時間を要します。

 

しかし、Word Pressであればアメブロのように文章をそのまま打ち込むだけでブログを書くことができます。

 

もちろん、このブログもWord Pressで作成されています。

 

使いやすいために、Word Pressのユーザー数はブログシステムの中で世界NO1と言われています。

 

ユーザー数が多いため、分からないことがあれば検索をかければほとんど解決できることばかりです。

 

また、プラグインといって機能を拡張するためのプログラムが豊富です。

 

難しいプログラミングの知識が無くてもプラグインを使うと、例えばブログの目次をつけたり、お問合せフォームを作ったり、自動でバックアップをとってくれたり、画像を圧縮してくれたりします。

 

Word Press自動インストール機能がついているレンタルサーバーを選べば数秒でインストールすることができます。

 

私がおすすめするエックスサーバーにも、このWord Press自動インストール機能がついています。

 

ドメイン、サーバー、Word Pressのイメージはつかんで頂けたでしょうか。

 

では、エックスサーバーの登録の仕方について書いていきます。

エックスサーバーの登録方法

下記のリンクからエックスサーバーのサイトへ行ってください。

 

https://www.xserver.ne.jp/

 


●サーバー無料お試し10日間「お申込みはこちら」のオレンジのボタンをクリックします。

 


「サーバー新規お申込み」をクリックします。



次にお客様情報の入力をします。

 

●まず、サーバーIDを決めます。

 

この際好きな英数字を入力しましょう。

 

この初期ドメインでWord Pressを導入することもできますが、移管ができません。

 

また、サーバーの契約が切れれば使用できなくなってしまいます。

 

ですので、この初期ドメインとは別に独自ドメインを取得します。

(独自ドメインの取得については、この記事の後半で書きます。)

 

ここでの初期ドメインは、アカウントのようなものですのでサクッと決めましょう。

 

しかし、先に誰かが使用している場合は使えません。

 

使える場合は「〇〇〇は申し込むことが可能です!!」と表示がでます。

 

●次にプランを決めます。

 

X10(スタンダード)にクリックしましょう。

 

サイトを数十個以上所有、運営しようとする人以外はX10(スタンダード)プランで十分です。

 

●会員情報を入力していきましょう。

 

あなたのメールアドレスを入力します。

 

このメールアドレスには、Xサーバー側から更新期限や、暗証番号を再発行といった重要な内容が届きますので必ず届きチエックできるものにしておきましょう。

 

そして、順番に登録区分、名前、郵便番号、住所、電話番号を入力します。

 


●入力が終われば、一番下にある「利用規約」「個人情報の取り扱いについて」に同意するにチエックを入れる。

 

そして、「お申し込みの内容の確認」のオレンジのボタンをクリックします。

 


●入力内容の確認がありますので、間違いがなければ「お申込みをする」のボタンをクリックしましょう。

 


●これでエックスサーバーの契約が終了しました。

 

先ほど入力したアドレスにユーザーアカウント情報が記載されたメールが届きますので、メールボックスを確認してみましょう。

 

「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ (試用期間)」という件名で届きます。

 


ここに記載されている会員ID、インフォパネルパスワードはアクセスするときに必要ですので必ずどこかにひかえておきましょう。

 

インフォパネルにアクセスします。

 

>>インフォパネル

 


●先ほどメールで記載されていた会員IDとインフォパネルパスワードを入力してください。

 

ログインすると、インフォパネル(管理画面)になります。

 

エックスサーバーでは、「インフォパネル」と「サーバーパネル」という2種類の管理画面があります。

 

「インフォパネル」では、会員情報の確認・変更、契約情報の確認、料金の支払い設定などができます。

 

「サーバーパネル」では、サーバーのドメイン設定、自動インストール設定などができます。

 

それぞれIDやパスワードが違いますので、インフォパネルのIDとパスワード、サーバーパネルのIDとパスワードが区別できるように保存しておきましょう。

 

「ご契約一覧」にサーバーがIDが乗っていると思います。

 

今の段階では無料使用期間ですので、料金はかかっていません。

 

継続して使用していくには、「料金のお支払い」より行ってください。

 

これで、サーバーの契約は完了です。

独自ドメインの取得について~Xdomainより~

では、次に独自ドメインの取得についていきましょう。

 

ドメインは、お名前.comや、ムームードメイン、Xdomainなどといったドメイン会社から取得します。

 

今回はエックスサーバーの系列会社のXdomainでドメインを取得する方法を紹介します。

 

なぜ、今回Xdomainをおすすめするかといいますと、他社でドメインを取得しエックスサーバーを利用する際はネームサーバー(DNSサーバ)の設定が必要になってきます。

 

しかし、Xdomainの場合はこのネームサーバー(DNSサーバ)の設定は不要です。

 

ですから、初心者でもスムーズに迷うことなく登録できると思ったからです。

 

まず、Xdomainのサイトにアクセスしましょう。

 

>>エックスドメイン

 


取得希望のドメイン名を入力しドメイン末尾をクリックし検索をしてみましょう。

 


●希望ドメインが空いていれば、「〇取得可能です」と表記されます。

 

もし空いていなければ、あなた以外の方が既にそのドメインを使用されているということですので、再び違うドメインを入力してください。

 

「〇取得可能です」の表記が出れば、希望ドメインにチエックを入れ「取得手続きに進む」をクリックします。

 


●次に「会員情報の登録へ」のクリックをします。

 

 

会員情報の入力をしていきます。

 


「WHOIS代理公開サービス」は希望するにチエックしたままにしておきましょう。

 

「WHOIS代理公開サービス」とはお客様の個人情報を公開せずにドメイン名の取得や管理を行えるサービスのことです。

 

●必要事項が明記出来ましたら、「利用規約個人情報の取り扱い」に同意するにチエックをいれ一番下の「確認画面へ進む」をクリックします。

 


●入力の確認をします。

 

入力内容に間違いがなければ「支払い方法の選択に進む」をクリックしましょう。

 


支払い方法を選択しましょう。

 

クレジット払いであれば直ぐに利用可能になります。

 

「カード番号」「有効期限」を入力して「お申込み内容の確認」をクリックします。

 

 ↓↓↓


●お申込み内容が合っているか確認後、「個人情報のお取り扱い」の「同意する」にチエックを入れ「申し込む」のオレンジのボタンをクリックする。

 


これで、あなたの独自のドメインの取得ができました。

 

この画面に表記されている「お申し込みID」はお問い合わせの際に必要になってきますので、かならず控えておくようにしましょう。

 

では、最終ステップに参りましょう。

 

契約したサーバーと取得したサーバーを連携させる必要があります。

 

つまり、取得したドメインにアクセスすると契約したサーバーにアクセスできるようにします。

エックスサーバーと取得ドメインを連携させる

最終ステップです。


あと少しですので、頑張っていきましょう。

 

まずは、ドメインの設定から行って行きます。

 


●先ほどのドメイン取得完了画面の下にある黒いログインボタンをクリックします。

 

エックスドメインの管理画面にアクセスします。

 


●最近契約したドメインのメニュー「ドメイン管理」をクリックします。

 


「ネームサーバーの管理・変更」をクリックします。

 


「エックスサーバー」を選択して、「ネームサーバーの変更(確定)」をクリックします。

 

そして、保存します。

 

以上でドメイン側の設定は以上です。

 

次にサーバー側の設定に行きます。

 

先ほど契約をしたエックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

 


「ドメイン設定」をクリックします。

 


●先ほど取得したドメインの「選択する」をクリックします。

 

「ドメイン設定の追加(確定)」をクリックします。

 

これで、サーバーとドメインの連携が完了しました。

 

※サーバーとドメインの連携が完了しましたが、取得ドメインにアクセスしても反映されるまで時間がかかります。

 

最大24時間かかります。

 

私の場合は4時間ほどで反映されました。

 

時間をおいてアクセスしてみましょう。

エックスサーバーからWordPressをインストールする

あなたのサーバーにWordPressをインストールします。

 

エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

 


●左下にある「自動インストール」をクリックします。

 


「プログラムのインストール」のタブをクリックし、WordPress日本語版の「インストール設定」をクリックします。

 

●必要事項を入力していきます。

 

インストールするドメインを入力します。

 

②は空白でよいです。

 

ブログ名(後から変更が可能です)

 

ユーザー名(ログイン時のIDになる)

 

パスワード(後から変更が可能です)

 

メールアドレス(後から変更が可能です)

 

「自動でデータベースを生成する」にチエックします。

 

※基本、あとからも変更が可能ですが、ユーザー名とパスワードはWordPressの管理画面に入るのに必ず必要になってきますので、ひかえておきましょう。

 

●記載内容に間違いがなければ、一番下の「インストール(確定)」をクリックしましょう。

 

お疲れさまでした。

 

以上で、あなたのサーバーとドメインを結び付け、WordPressを導入することができました。

 

あなたのドメインにアクセスすると、WordPressが設置されています。

 

そして、あなたのドメインの末尾に「/wp-admin」をつけてアクセスするとWordPressの管理画面に入ることができます。

 

例:http://○○.com/wp-adminにアクセス

 


●WordPressを設置する際に入力した、「ユーザー名」と「パスワード」を入力し「ログイン」をクリックします。

 


こちらのダッシュボードより、記事を投稿したりカスタマイズしたりしていきます。

 

エックスサーバーに契約しWordPressを立ち上げる手順のまとめ

どうだったでしょうか?

 

サーバーに契約したりドメインを取得したりと、初めてのことばかりで大変だったと感じたのではないでしょうか?

 

一気にするのは大変だという方は、

 

「今日は、サーバー契約のみ、明日はドメイン取得」

 

といったように分けて行うのも良いと思います。

 

私も初めての時は時間をかけて悩みながら進め、大変疲れた事を覚えています。

 

しかし、1回経験するとスムーズにできるようになります。

 

それは、ネットビジネスのすべてのことに対して言えることです。

 

最初は初めてのことだらけで、大変で時間を要します。

 

中には挫折する人もいます。

 

しかし、経験することで自分の知識やスキルがついてきます。

 

ですから、挫折せずに諦めずに継続していって欲しいです。

 

最後までありがとうございました。

 

今回の記事のことでもよいですし、わからないこと、聞きたいことがあれば気軽にお問合せフォームからお問い合わせください。

 

頂いたメッセージにはすべてに目を通し、24時間以内に返信させていただきます。

 

sakura

 

>sakuraにお問合せする