あなたは、記事を書く為の情報収集に時間を要していませんか?

 

どうしても情報収集しているつもりが、ネットサーフィンに走ってしまったり、YouTubeを見てしまったり。

 

はたまた、検索途中のサイトで気になる記事を見つけ、目的から外れた記事を読み出す。

 

そういった経験はないでしょうか?

 

無駄な時間が毎日積み重なると膨大な時間になりますよね。

 

一日の時間は限られています。

 

今回は効率よく有益な情報収集ができるポイントについてお話したいと思います。

 

是非、今回の記事のポイントを頭に入れて効率よく情報収集して欲しいです。

 

では、いきましょう。

情報収集の効率化を図るポイント①目的を明確にする

その場の思い付きで検索窓にキーワードを入れたりしていませんか。

 

検索する前に、情報収集する目的を明確にしましょう。

 

なぜなら、目的を明確にせずに漠然と検索をしていると、有益な情報を見逃すことになりかねません。

 

何について知りたいのか。

 

そして、なぜ知りたいと思ったのか。

 

この2つを明確にして検索を行うと、意識が目的に行きます。

 

結果、スピーディーかつ深く情報収集することが可能になります。

 

また、情報収集する順番も前もって決めておくとスムーズに事が進みます。

情報収集の効率化を図るポイント②時間を決める

目的を明確にしたら、情報収集する時間を決めます

 

時間を決めなければ、ダラダラと時間を費やしてしまうことになりかねません。

 

私たちアフィリエイターは記事を書くことによって報酬が発生します。

 

情報収集も大切ですが、なるべく記事を書いてアウトプットしていくことに時間をかけたいですよね。

 

ですから、情報収集は時間をあまりかけず、有益な情報を手に入れる必要があるのです。

 

そのためには、情報収集する時間を決める必要があります。

 

時間を決めることで、作業に集中できる。

 

一度、情報収集をする際、時間を計ってみましょう。

 

どれくらいの時間があれば作業ができるのかを認識できますし、これからの指標になります。

 

私の場合はキッチンタイマーを使っています。

 


(↑私が実際に使っているノートとキッチンタイマー)

情報収集の効率化を図るポイント③言語化

情報収集する際、理解した点や大切だと感じた点は、どのように思ったかを頭の中で組み立て自分の言葉に置き換える(言語化)と理解が深まります。

 

記事を読んだだけで他の人に、論理的に説明できますか?

 

自分の意見を述べられますか?

 

これらができなければ、記事を読んで理解した気になっているだけ。

 

つまり、

 

「分かったつもり」

 

なんです。

 

私たちアフィリエイターは、正しく理解して自分にインプットし、自分の意見を持って情報をアウトプットしていかなければなりません。

 

そのためには、得た情報から頭の中に浮かんだこと、思ったことを言葉にする(言語化)必要です。

 

言語化することによって、情報や自分の考えを理解することにつながります。

 

情報収集しながら自分の考えを言語化することによって、その後の記事作りに活かせるのです。

 

言語化した後は、声に出してみたりメモに書き出してみましょう。

 

メモに残しておくことで、後で見返す事もできます。

 

視覚的、聴覚的に刺激を与えることにより、より一層理解が深くなります。

 

言語化するのが難しいという人は、

 

「日常での会話でいかに相手にわかりやすく伝えるためにはどうすればよいか」

 

「普段の生活で思うこと感じることを言葉にするとしたらどうなるのか」

 

などといったように、日常生活の中で言語化を意識しトレーニングすることができます。

情報収集の効率化を図るポイントのまとめ

今回の記事についてふりかえってみましょう。

 

効率良く情報収取するためには、3つポイントがありました。

 

一つ目:目的を明確にするということ

 

二つ目:時間を決める

 

三つ目:言語化する

 

でしたね。

 

当たり前のように感じますが、意識的に実行しないとできない事ではないでしょうか。

 

日々の積み重ねが習慣になり、時間も有効につながります。

 

是非、3つのポイントを頭に入れて情報収集する習慣をつけて効率化を図ってください。

 

今回の記事についてでもいいですし、質問等ありましたら下記のお問合せフォームからお気軽にお問合せください。

 

お問合せしていただいた内容にはすべて目を通し、24時間以内に返信させていただきます。

 

ありがとうございました。

 

sakura

 

 

>>sakuraにお問合せする