人には大きく分けて4つの学習タイプに分かれるといわれています。


「へぇー、それがどうしたの?」


と思ったあなた。


学習タイプを意識してセールスライティングを書くと、どんな人に対しても反応が良い記事が書けるようなります。


しかも、記事を書くときだけでなく、コミュニケーションでも活かせます。


相手にわかりやすく話せるようになるため、成約につながったりもするのです。


自分が誰かから教わりたい時も、自分と同じタイプの方から学ぶのと自分のタイプ以外の方から学ぶのでは、教わりたい内容の理解度が大幅に変わってきます。


そりゃ、知らなきゃ損ですよ!


ということで、4つの学習タイプについて詳しくみていきましょう。

 

4つの学習タイプとは

人は以下の4つの学習タイプがあります。

 

なぜ(Why)タイプ


何(What)タイプ


どうやって(How)タイプ


今すぐ(Now)タイプ

 


の4つです。


これは、
一つの型だけに当てはまるというものではなく、人によって優先順位が違うということです。


例えば、私であれば


メインがどうやって(How)タイプでサブがなぜ(Why)タイプ、その次に今すぐ(Now)タイプが来て最後に何(What)と自己分析します。

 

それでは、


自分は何タイプがメインでサブは何かを考えながら読み進めていってください。

4つの学習タイプ:なぜ(Why)タイプとは

なぜ(Why)タイプは、行動することに対し、意味が伴ってきます。


なぜ行動を起こす必要があるのか、起こさないとどうなるのかを知りたいのです。


つまり、自分にとってのメリット、デメリットをはっきりさせたいのです。


そして、メリットを感じ共感できれば、行動を起こしやすくなります。


セールスマンは、自分の売りたい物のメリット、デメリットを話して売り込んでいきますよね。


ですから、通称「セールスマンタイプ」ともいわれます。

4つの学習タイプ:何(What)タイプとは

何(What)タイプの人が、行動を起こすためには、確信や根拠が必要。


コンセプト、科学的根拠、データー、歴史といった客観的根拠があれば、納得して行動を起こしやすくなります。


つまり、客観的データーをもとに成功イメージがつかめるかどうかにかかってきます。


データーや、科学的根拠が必要になってくるので、通称「教授タイプ」といわれています。

4つの学習タイプ:どうやって(How)タイプとは

どうやって(How)タイプの人は、方法が分かると行動に出せるタイプです。

(ちなみに、私はこの要素が強いです。)


失敗する事が嫌いな人が多い傾向にあります。


どうやってタイプの人は、プロセスややり方をステップ1:●●●、ステップ2:●●●といったようにステップバイステップで伝えてあげると喜ばれます。


プロセスや方法が理解できれば行動にうつせるので、通称「メカニックタイプ」と呼ばれます。

4つの学習タイプ:今すぐ(Now)タイプとは

今すぐ(Now)タイプの人は、実際にやってみないとわからないと考えていて、とにかくすぐに行動に移す人です。


失敗することも多いかもしれませんが、理論とかの前に行動に移したり経験を重ねるので成功するのはこの4つの中で一番早いかもしれません。


今すぐタイプの人は、Q&Aや、ケーススタディを好む傾向があります。


まずは行動と考えているので、通称「起業家タイプ」といわれます。

 

あなたは、何タイプが強かったですか?


アメリカの研究機関の調査によると、

 

なぜ(Why)タイプ 約30%

何(What)タイプ 約30%

どうやって(How)タイプ 約10%

今すぐ(Now)タイプ約10%

 

と、なぜ(Why)タイプと何(What)タイプが多いようです。


では、この4つの学習タイプをどのように応用していったらよいのかを書いていこうと思います。

4つの学習タイプを用いて反応の良い記事を書く方法

上記より、人には色々なタイプがあるとわかってもらえたと思います。


自分のタイプと近いものと、そうでないタイプがありましたよね。


ですから、あなたが記事を書く際

自分の学習がすべてだと思うのはダメだということです。


なぜなら、自分の学習タイプに答えるメッセージだけで書いた記事には、あなたと同じタイプの人にしか反応できないからです。


できれば、多くの方から反応を得れる記事を書きたいですよね。


多くの方から反応があれば、報酬や成約の面でも大きくプラスになります。


では、どうしたらよいのでしょうか?


つまり、記事の中に4つの学習タイプに答えるメッツセージを全てを入れ込めばよいのです。


では、具体的ステップを踏んで簡単な例文を見て解説していきましょう。

4つの学習タイプを用いて反応の良い記事を書く方法 ステップ1「なぜ(Why)タイプ」に働きかける

ステップ1:「なぜ(Why)タイプ」に働きかけます。


まず、何について話すのか全体像を述べます。そして、それに対してのメリットやデメリットを自分の意見として主張します。


↓↓↓↓↓


例文

寝る前に子供に絵本を読んであげることは、子供にとってとても良いことだと私は考えます。

なぜなら、絵本をたくさん読んでもらって育った子は、読解力、想像力、集中力、知識が高くなりメリットがあるから。

そして、お母さんの声で読んでもらったら、安心してリラックスでき眠りにつきやすくなる効果もあるからです。

ただし、お母さんにとって、忙しい毎日の中で絵本を読むことは負担になることもあります。


↓↓↓↓↓

 4つの学習タイプを用いて反応の良い記事を書く方法 ステップ2「何(What)タイプ」に働きかける

ステップ2:「何(What)タイプ」に働きかける。

 

ステップ1について、もっと具体的に定義していく。


データーや根拠があればよい。読み手が、成功のイメージを抱けるようにもっていく

 

↓↓↓↓↓


続きの例文

文部科学省と国立教育政策研究所が共同である調査を行ったようだ。

「毎日10分以上読書をするか」という質問に対して「はい」と答えた子は、総じて読解力の問題の正答率が高かったというデーターが出た。

また、四番町図書館の宮崎館長によると

「幼児期はまだ字が読めませんから、親ないしは信頼できる身近な大人に絵本を読んでもらいます。特に昔話を語れるおばあちゃんと同居している場合など、想像力が大いに育ちます。そればかりではありません。絵本の中の主人公の成功体験や達成感を味わい、自己肯定感を育むことにつながる。」

とおっしゃっています。


↓↓↓↓↓

4つの学習タイプを用いて反応の良い記事を書く方法 ステップ3「どうやって(How)タイプ」に働きかける

ステップ3「どうやって(How)タイプ」に働きかける。

 

どうやって作業していくかを説明していく。そして、具体的にステップバイステップで説明していくとよい。

 

↓↓↓↓↓

 

続きの例文

読み聞かせするにあたり、子供が動きまわったりせず集中してお話を聞けるようになる必要があると考えます。

なぜなら、お母さんがせっかく絵本を読む気になっているのに、子供が聞く気ゼロだったら、、、

中々、忍耐がいりますよね。

ですから、子供が集中して聞けるようになるポイントを上げていきたいと思います。

ポイント1、声色は自然な感じで読んでみましょう
ポイント2、文章は変えて読まない
ポイント3、年少ほど、ゆっくり読む
ポイント4、寝転がって読む

かしこまって読むのではなく、自然な流れで読むのが効果的かもしれません。

その方が、お母さん的にもストレスがかからず続けられるのではないでしょうか。


↓↓↓↓↓

4つの学習タイプを用いて反応の良い記事を書く方法 ステップ4「今すぐ(Now)タイプ」に働きかける

ステップ4:「今すぐ(Now)タイプ」に働きかける。


今すぐ何をして欲しいかを明確にしていく。

 

↓↓↓↓↓


続きの例文


わざわざ新しい本を買おうと思わなくてもよいです。とても短い絵本でも結構です。

持っている本でよいので、今日夜寝る前にお子さんに読んでみましょう。

最初は興味をしめしてくれないかもしれませんが、焦らずに長い目でお母さんも楽しむ気持ちで続けていってはどうでしょうか。


↓↓↓↓↓

4つの学習タイプを用いて反応の良い記事を書く方法をまとめ

STEP1からSTEP4と4つの学習タイプが行動を起こしやすい働きかけの要素をすべて盛り込んで書いていきました。

 

よく見ると段々、抽象から、具体性をもってきているのがわかったと思います。


そして、すべての人が行動に移せるようにもっていくのです。


イメージはつかめましたか?


一度、今まで書いていた記事の内容は、どの学習タイプにあてはまっているのかを考察してみて下さい。


いずれかのパターンに偏ったりしていませんでしたか。


足りなかった部分に気が付くはずです。

 

これからの記事作成の際にはこの4つの学習タイプを全て入れ込んで書くように意識して書いていってくださいね。


もちろん、記事作成する前には準備もしっかりしてください

 

記事作成の準備については、下記の記事をお読みくださいね。


参考>>アフィリエイト初心者必読!記事作成のやり方~記事を書く前の準備で8割決まる~

 


この記事についてでも良いですしわからない点や質問等ありましたらお気軽に下記のお問合せフォームからご連絡くださいね。


必ず、目を通して返信させて頂きます。

 

ありがとうございました。


sakura

 

>>sakuraへお問い合わせする