Googleが提供するアクセス解析ツールである、Googleアナリティクス。

 

Googleアナリティクスは、登録したサイトの読者の行動に関するデータがわかるものだけど。

 

あなたも利用しているでしょ?

 

その、Googleアナリティクス。

 

2018年5月25日から、

 

「Googleアナリティクスのデータ保存期間が26か月に変更されます」

 

つまり、26か月以上前のデータが自動的に削除されて見れなくなってしまうというもの。

 

でも、心配しないで。

 

ちゃんと設定すれば、26か月以前のデータも保存することが可能になるから。

 

今回は、Googleアナリティクスのデータ保持を無期限にする方法を書いていきますね。

 

今回の記事を読んだら、あなたもすぐに、設定してね。

 

約2分で設定出来るほど、簡単だから。

 

いつするの?

 

今でしょ!

Googleアナリティクスから1通のメール

なぜ私が、今回「Googleアナリティクスのデーター保持を無期限に変更する方法」をテーマの記事を書いているかといえば、

 

Googleアナリティクスから、1通のメールが届いたから。

(以下メール内容)

 

あなたのメールにも届いたでしょ?

 

このメールを読んだだけでは、実際あなたが、どのように行動すればよいのか、分かりにくいと思ったから、今回、記事にしました。

アクセス解析の過去のデータが残っていれば便利

「Googleアナリティクスのデータ保存期間が26か月に変更されます」

 

といわれても、

 

あなたは、「保存期間が26か月もあるじゃない?」

 

って思うかもしれないよね。

 

でもね、Googleアナリティクスのデータは、

 

 

●アクセス数

●滞在時間が短くあまり読者に読まれていない記事

●どういった検索キーワードで訪問してきているか

●どのページがよく読者に読まれているか

 

 

といったことが分かるでしょ?

 

つまり、読者が何を求めているのかが、Googleアナリティクスから読み取れる。

 

そして、自分のブログで改善すべき点を考察できる。

 

過去のデータが残っていれば、現在のデータと比べることができるからね。

 

だから、あなたがブログを長く運営すればするほど、アクセスデータ解析の過去のデータが大切になってくるというわけ。

 

それならば、制限なしにGoogleアナリティクスのデータを保存したいと思うでしょ。

 

では、具体的にGoogleアナリティクスのデーター保持を無期限に変更する方法について説明していきますね。

Googleアナリティクスのデーター保持を無期限に変更する手順

Googleアナリティクスにログインする。

 

>>Googleアナリティクス

 

②トップ画面の左下の「管理」をクリックする。

 

 

プロパティの右側にある「▼」をクリックする。

 

ブログを複数登録している人は、保存期間を変更したいブログをクリックする。

 

ブログが複数ある人は、ブログごとに保存期間を変更する必要があります。

 

 

プロパティの中の「トラッキング情報」をクリックする。

 

 

「データ保持」をクリックする。

 

 

⑥ユーザーデータとイベントデータの保持の欄が「26か月」となっていますので、「26か月▼」をクリックする。

 

 

「自動的に期限切れにならない」をクリックする。

 

「保存」ボタンをクリックする。

 

以上で、Googleアナリティクスのデーター保持を無期限に変更できました

Googleアナリティクスのデーター保持を無期限に変更する方法のまとめ

どうだったかな?

 

手順は本当に簡単だったでしょ?

 

2018年5月25日まで、あと少し時間があるけれど、この記事を読んだあなたは、すぐにでも設定しておいてね。

 

あと、必ず、ブログを複数運営していたら、必ず、ブログごとに設定して下さい。

 

※設定の変更は24時間後に有効になります。

 

あなたが、アクセス解析をしっかり行うことで、読者のために価値提供できるブログに育っていくから。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

sakura

 

今回のことでも良いですし、私に質問等ありましたら、お気軽に下記のお問合せフォームより連絡ください。

 

頂いたメールにはすべて目を通し、24時間以内に返信させて頂きます。

 

>>sakuraにお問合せする