今回は、どうやってブログの記事を書けばよいのかと、悩んでいるあなたにお話ししますね。

 

あなたは、具体的で実践的な方法を知りたいでしょ?

 

今回は、簡潔かつ説得力のある文章が書けるようになる、PREP法(プレップ法)についてお話します。

ブログの書き方が分からない人はPREP法をまず学ぶべき

私は、ブログで何をどのように書けばよいかと迷っているあなたには、まず、PREP法を学んで欲しいと思っているの。

 

なぜなら、PREP法の型通りに当てはめて書くことで、あなたは迷うことなくブログを書き進めることができるから。

 

ある程度、ライティングスキルを勉強した人に私は、

 

「もっと真剣に読者とむきあって文章を書くべき」

 

「自分らしさを文章に入れ込んで」

 

「誰に向けて書いているのか、もっと意識したほうが良い」

 

といったことを話します。

 

でも、ライティングスキルまだ学べていないあなたは、

 

「・・・?」

 

「真剣に向き合うって、文章でどう表現したらよいの?」

 

「自分らしさって何?」

 

「誰に書いているか意識するってどういうこと?」

 

ってなるよね。

 

今、あなたの求めていることは、

 

「具体的にどうやって書けばよいのか?」

 

ってことだと思うの。

 

では、PREP法について話します。

ブログの書き方PREP法とは?

PREP法は、

POINT (結論)

  ↓

REASON (理由)

  ↓

EXAMPLE (具体例)

  ↓

POINT (再度結論)


といった構成になっています。

 

頭文字をとって「PREP法」と呼ばれるの。

 

では、一つ一つみていきましょう。

PREP法~POINT(結論)~

まず最初に、記事の内容の結論を述べます。

 

結論を一番最初に述べる事が、PREP法の特徴です。

 

そして、なぜ、PREP法がブログに効果的なのかというと、、、

 

結論を最初に述べることによって、ブログの訪問者に、何について書かれた文章なのか認識してもらえるから。

 

ブログの訪問者は、たまたま、検索エンジンから来た新規の方が多いの。

 

なので、新規の訪問者に、結論がわからない文章を読み進めてもらえることは難しい。

 

だから、最初に結論を述べるようにします。

PREP法~REASON(理由)~

次に、最初に述べた結論に対しての理由を述べます。

 

結論を述べただけでは、読者は「・・・なぜ?」と思うでしょ?

 

だから、必ず結論を述べた後は、結論に対しての理由を述べましょう。

PREP法~EXAMPLE(具体例)~

具体例を出すことで、読者は結論に対しての理解が深まる。

 

そして、読者は頭の中でイメージしやすくなります。

PREP法~POINT(再度結論)~

もう一度、最後に結論を述べて締めます。

 

結論を繰り返すことで、読者に説得力を与えるんです。

PREP法を使った実例

PREP法に当てはめて実例をあげてみますね。

 

●POINT(結論)

ネットビジネスで自己投資できない人は、稼げない。


REASON (理由)

なぜなら、自己投資せずにネットビジネスを実践しようとすると、膨大な時間がかかるからです。

 

時間がかかっても成功すれば良いですが、間違った方法で実行していた場合、費やした時間が水の泡となってしまいます。

 


EXAMPLE (具体例)

例えば、あなたが何か月もかけて、トレンドアフィリエイトに関する知識をネットから無料で調べていたとします。

 

でも、サイトによっては内容が矛盾している情報があったりして、どの情報を信じればよいかわからなくなりました。

 

結局、トレンドアフィリエイトに関する商材を買うことに、、、

 

すると、商材はとてもわかりやすい内容で、自分のものとして吸収することができました。

 

今では、最初から商材を購入しとけばよかったと後悔しています。

 

●POINT (再度結論)

ネットビジネスで成功するためには、遠回りしないためにも、自己投資が必要ということです。

ブログの書き方が分からない人はPREP法を使うべき

PREP法のイメージはつかめましたか?

 

PREP法は、最初に結論を述べて、後で理由や具体例を詳しく説明していく構成でしたね。

 

どうしても、私たち日本人は、結論の前に色々と理由を述べがちなんです。

 

でも、ブログの訪問者は、メルマガ読者とは違い新規であなたのブログを読む人がほとんど。

 

もし、結論を先に提示してあれば、読者は、何について書いてある記事なのかを認識できる。

 

読者が認識でき、気になる内容であれば、読み進めてもらえるでしょう。

 

これからは、PREP法でどんどん記事を書いて、体に覚え込ませて欲しいの。

 

そして、ある程度PREP法で書けるようになったら、以下の記事を読んであなたのライティングスキルにもっと磨きをかけて欲しいです。

 

>>ライティングスキルを学んだだけでは人を動かす文章は書けない

 

>>ブログの書き方~もっと読みたいと思われるブログになるために~

 

最後まで、読んで頂きありがとうございました。

 

sakura

 

今回の記事でも良いですし、分からない事、質問したい事等ありましたら、お気軽に下記のお問合せフォームよりご連絡ください。

 

頂いたメッセージには全てに目を通し、24時間以内に返信させて頂きます。

 

>>sakuraにお問合せする