sakura(サクラ)です。


「ノウハウコレクター」

 

って言葉を聞いたことはありますか?


ネットビジネスではよく耳にするのですが、簡単に言えば


「ノウハウ(情報商材)のコレクター(収集家)」


です。


一見、ノウハウを沢山知っているため情報商材アフィリエイトするにはもってこいな感じがしますよね。


なぜなら沢山ノウハウを知っているんだから情報商材について沢山記事にできますし、ある程度稼げるようになってきたら、自分なりにノウハウのかけ合わせもできたりします。


実際、ある程度稼げている人は更なる自己投資という形でノウハウをコレクトしていっています。


しかし、世間の言うノウハウコレクターの意味合いは違います。


ノウハウ(情報商材)を実践するも、思うような結果が出ないために


「今度こそ稼げる商材を、、、」

 

と買い漁るような人です。


そしてノウハウコレクターであることに悩み、抜け出したいと考えている人が大勢いるということ。


今日はそういった

 

「ノウハウコレクター」

 

はどういう人がなりやすく、具体的にどのように解決していけばよいか考えてみたいと思います。

 

ノウハウコレクターとは何か?意味は?

上記でも少し触れましたが、「ノウハウコレクター」とは情報商材の収集家です。


情報を収集するものの、実践がともなっていない為に結果を出せずにいる人のことをさします。


情報商材を購入し実践してみるが、中々結果を出せないでいると


「このままで大丈夫なのか」


と心配になったりして他のノウハウが気になったり、


内容が大変だった場合


「もっと楽に稼げる方法はないのか」


と別のノウハウに目がいってしまうような人です。


そして気が付くと、


情報商材で結果を出す→情報商材を収集する


という風に焦点が変わっていっているのです。


例えば、ダイエットでも同じことが言えます。


バナナダイエットが良いと聞き実践するものの、あるところで停滞期が来て痩せなくなると


「バナナもそろそろ飽きたし、他の方法のダイエットはないかな」


と探し始めます。

 

結果、新しいダイエット方法が話題になる度に試してみるものの、途中で飽きたり挫折して結果が伴わずにいるのです。


痩せるために努力するというよりは、痩せるノウハウを知りたくて仕方ないのです。


イメージはつかんでいただけましたか?


では、どうしてこのようなことがおきるのか、その原因について考えてみたいと思います。

ノウハウコレクターの原因と心理

同じ情報商材で学習していても、成功する人とノウハウコレクターになる人がいます。

 

一体違いはなんなのでしょうか。


成功する人は、常に「成功するにはどうすればよいか」ということを考えています。


そして、成功するまで絶対に諦めないのです。


参考:ネットビジネスで成功するための必要なマインドセットとはをお読みください。


ノウハウコレクターの人はどうでしょう。


私は5つのタイプに分かれると考えています。


①情報商材の内容が大変なものであったので、もっと楽なものはないかと他の商材を探す人


②情報商材を買ったが、まだまだ自分には自信がないのでもう少し他の情報商材で勉強してから実行に移そうと考える人


③本当にこの情報商材が稼げるのだろうかと不安になり、他の商材も気になってしまう人


④とにかく、ノウハウをゲットしたらなんとか稼げるだろうと考える人


⑤情報商材を買い実践するもすぐに結果が出ないと、どうして出なかったのかと自分を省みず、原因は情報商材のほうにあるのだと考えて、ほかの情報商材に目がいく人


といったような人です。


詳しくみていきましょう。

 

①情報商材の内容が大変なものであったので、もっと楽なものはないかと他の商材を探す人

最後まで根気がなく飽き性なタイプ


ネットビジネスは楽に稼げると思い込んでいる人に多い気がします。

 

「何が何でも成功するぞ!」

 

というよりは、楽でうまい方法はないかと考えているため最後までやり通すことができないのです。


②情報商材を買ったが、まだまだ自分は不完全なのでもう少し他の情報商材で勉強してから実行に移そうと考える人

完璧主義なタイプ


自分の中であれもこれも不安や心配な要素があると、その不安や心配な部分がクリアにならなければ動けない人です。


③本当にこの情報商材が稼げるのだろうかと不安になり、他の商材も気になってしまう人

疑心暗鬼タイプ


「本当にこのノウハウで成功するのか」

 

と常に心配なまま実行しているので、結果ががすぐに出ないとすぐに別の商材にうつってしまいます。


④とにかく、ノウハウをゲットしたらなんとか稼げるだろうと考える人

ノウハウゲット安心型タイプ


ノウハウを手にいれると、いかにも稼げた気になって満足する人です。


⑤情報商材を買い実践するもすぐに結果が出ないと、どうして出なかったのかと自分を省みず、原因は情報商材のほうにあるのだと考えて、ほかの情報商材に目がいく人

自己完結型タイプ


結果が出ないのは、自分のせいではなく情報商材の方にあると考えふりかえりもせずいるような人です。


例えば、同じ塾、同じ参考書で勉強していても受験で合格する人と不合格の人ができますよね。


それと同じだと私は考えます。


どうして、同じ塾と同じ参考書で勉強したのにもかかわらず結果がかわったのでしょうか。


不合格になった考えられる点として、


●勉強自体に飽きてしまい、最後までやり通すことができなかった→最後まで根気がなく飽き性なタイプ


●模試試験の結果がよくなかったので、この参考書でやっていってよいのか不安になり、新たな参考書を探してばかりいた→疑心暗鬼タイプ


●問題を解きっぱなしで復習をしなかった→自己完結型タイプ


●塾で教えてもらったやり方を忠実にまもらなかった→自己完結型タイプ


●今まで覚えたところが忘れていないか心配なため、単語を覚えるときは必ずはじめからじゃないと気が済まない→完璧主義タイプ


●有名塾にはいって有名講師に習っているから安心だ→ノウハウゲット安心型タイプ


このように、客観的に並べると


「おい!もっと真面目にがんばれよ」


と言いたくもなります。


しかし実際そのような環境におかれると自分を客観視できないために悩みそして、抜け出せなくなるものです。

 

では、実際どのようにノウハウコレクターから脱出していけば良いかをタイプ別にお伝えしたいと思います。

ノウハウコレクター 脱出方法~最後まで根気がなく飽き性なタイプ~

最後まで根気がなく飽き性なタイプの人は、勢いで始めたりしっかりとした目標を持たない人が多いです。


そして、我慢することが苦手です。

 

少しでも壁にぶち当たるとすぐに我慢できなくて諦めてしまうからです。


そのためには、我慢する習慣をつける必要があります。


我慢をつける習慣をつけるには、商材を始める前にこの商材をすることによってのメリットを考えましょう。


明確なメリットを決めておけば、壁にぶちあたって諦めたくなったとしても我慢できるからです。


必ず商材を最後までやり切ること。

 

そして、得た知識を必ずアウトプットしていくことが大切です。

ノウハウコレクター 脱出方法~完璧主義なタイプ~

完璧主義なタイプの人は、完璧でなければ失敗といった極端な考えのことが多いです。


ですから、失敗を極度に心配したりします。


しかし、どんな凄い何憶と稼ぐアフィリエイターの人であっても、最初から完璧にやっていたわけではありません。


色々体験し経験しての今があるのですから、完璧を求めるのではなく、今の自分にできることをどんどんアウトプットしていく必要があります。


完璧でなくていいんです。


今できることをとにかく発信していくことが大切だと考えます。

ノウハウコレクター 脱出方法~疑心暗鬼タイプ~

疑心暗鬼の人は、購入した情報商材を信じれないでいる人ですよね。


そもそもどういった商材を購入しているかにもよりますが、情報商材ASPのインフォトップやアドモールの情報商材は厳しい審査を通過したものです。


だからといって、すべてのものが再現性(誰が実践しても同じ結果になる)がある保証はありませんが、中には返品保証できるものがあります。


例えば宇崎恵吾さんのコピーライティングは、購入した後でも購入者が満足しなかったり、役に立たなかったと思った場合は、メールでその旨を伝えると返金してくれます。


参考:【宇崎恵吾】ミリオンライティング(The Million Writing)の企画付きレビュー


こういった優良商材をセレクトして実施していくと良いと思います。


自分でしっかりリサーチして納得がいくものを選ぶことが必要です。


そして、自分は必ずできると信じてあげることが大事です。


成功する人は、いつも成功するイメージしか頭に浮かべません。


不安要素があると、不安な原因ばかり気にして前に進むことができなくなるからです。


ですから、自分はできるんだ!と信じてあげることは大事です。

ノウハウコレクター 脱出方法~ノウハウゲット安心型タイプ~

ノウハウゲット安心型タイプのひとは、とにかくアウトプットを実践しましょう


アウトプットをしなければ、どんなにインプットしたとしても収益にはなりません。


なぜ、情報商材を買って勉強しているのかを改めて考える必要があります。


あなたが、本当に稼ぎたいと思うなら、インプットする度にアウトプットする気持ちでいきましょう。

ノウハウコレクター 脱出方法~自己完結型タイプ~

自己完結型タイプは唯一、アウトプットはしています。


しかし、直ぐに結果が出ないと情報商材のせいにしたり、反省をしない所に問題があります。


必ず、なぜ結果が出せないのかを考える必要があります。


よっぽどの商材でない限り、再現性があるので結果が出ないのは自分のやり方に問題があると考えた方がよいです。


そして、ノウハウは一回目を通したら終わりではありません。


一回だけで理解できる人なんてほとんどいませんから。


何度も見返して、ノウハウ通りか確認する必要
があります。


たとえ、よっぽどの商材だったとしても


「意地でもそこから何か学んでやろう」


と思えるくらいになってほしいです。


学ぼうとする意識があれば、どんな小さいことからも学ぶことはできますから。

ノウハウコレクター 脱出方法 まとめ

今回、「ノウハウコレクター」になりやすいタイプの人の特徴とそのタイプ別の解決策をお伝えしました。


もう一度まとめますと、


ノウハウコレクターになりやすい人は以下の5つのタイプがあるということ。


最後まで根気がなく飽き性なタイプ

完璧主義なタイプ

疑心暗鬼タイプ

ノウハウゲット安心型タイプ

自己完結型タイプ


そして、解決策が

 

我慢の習慣をつける。そのためには、商材を勉強するにあたっての明確なメリットを考え、最後まで諦めずやり遂げる。そして、必ずアウトプットすること。


完璧をもとめるのではなく、今の自分の実力をどんどんアウトプットしていく。


情報商材を購入する際は返品保証のあるもので、必ずしっかり情報収集をして納得のいくものを選ぶ。


そして、自分に自信を持ち、アウトプットしていく。


とにかくアウトプットしていく。なぜ、情報商材を購入しているのかを考え直す必要がある。


インプットする度にアウトプットしていくイメージでする。


かならず、振り返る。そして、なぜ結果が出ないのかを考え直す必要がある。

 

悩んでいるときは、中々自分を客観視できないことがあります。


特に、アフィリエイターとしてやっていると自分自身との闘いなので、メンターがいなければ指摘してくれる人もいないですよね。


もし今回のようなことで悩んだ場合は、この記事を参考に改めて自分について見つめ直してください。


そしてノウハウコレクターで終わるのではなく、どんどんアウトプットして稼いで成功していってください。


今回のことでもよいので、不安なこと、相談したいことがあれば気軽に以下のお問合せフォームからメッセージをください。


頂いたメッセージはすべて目を通し、必ず24時間以内に返信させていただきます。

 

ありがとうございました。

sakura

 

 

>>sakuraにお問合せする